こども農園

こどもの森のいちばん奥に「こども農園」という名前の畑があります。農園マスターの子どもたち、その家族、そしてプレーリーダーが一緒になって、春夏と秋冬に分けて季節の野菜を育てているよ。

野菜づくりのおもしろさを教えてくれるのは、6代続く地元のベテラン農家さん。

土をいじって苗を植えるところからはじまり、手入れに必要な作業全部を自分たちでやっていきます。手をかけただけぐんぐん大きくなるいのちの力強さや、食べ物をめぐる虫とのたたかい、できた野菜をたき火で調理してあじわう喜びなど、農の楽しさ大変さをぎゅぎゅっと経験できる半年間です。

頑張りどころの農作業も、熊手で固い土をかく力比べをしたり、誰かが見つけたテントウムシを横目で見たりと、たくさんの仲間がいるからこその楽しさがあるよ。

自分で育てると、なじみのある野菜の今まで見えていなかったプロセスを知れて、いろんなことを感じられるはず。「自分で生み出す、作る」ことのおもしろさ、体感してほしいな。

農園マスター 活動の流れ

キックオフ

初回は、数か月一緒に活動する仲間たちとワイワイ顔合わせ

植え付け

始めは小さな苗や種。これが野菜に育つなんて不思議だね

作業いろいろ

草取り、間引き、水やり、堆肥づくり…やることいっぱいだ!

収穫

自分たちで育てた野菜、こんなに大きく、たくさん採れたよ!

ランチ会

収穫した作物をたき火で料理するよ。おいしさも格別~

冬はたくあんづくりも

干して、漬けて…じっくり時間をかけてつくる農家さん直伝の味

農園マスター 募集時期

春夏 毎年4月ごろ

秋冬 毎年9月ごろ

ウェブサイトおよび近隣小学校にチラシでお知らせします

農園マスターの師匠と、プレーリーダー

こども農園師匠 渡戸さん

長年の経験と知識、そして農業への愛!

プレーリーダーも一緒に

慣れない作業も一緒に楽しんじゃおう

GO TO TOP